すぐ 借り れる カード ローン

すぐ借りれるカードローン|安心安全なキャッシングサービスはこちら

すぐ 借り れる カード ローン

 

「すぐ借りれるカードローンはどれを選べばいいのかな?」


 

「最短即日で借りれるカードローンは?」


 

「審査があるみたいだけど、大丈夫かな?」


 

 

お金はどこで借りてもいいってわけじゃありません。


 

変なところで借りてしまうと、取り返しのつかないことになるかも知れないので、注意が必要です。


 

このページでは、安心安全にすぐ借りれるカードローンをご紹介します。

 

結論から言うと、すぐ借りれるカードローンを選ぶなら、選択肢は大手消費者金融のみになります。

 

なぜかと言うと、銀行カードローンは審査に時間がかかるため、即日融資ができません。
中小の消費者金融は、即日融資に対応しておらず、提携ATMの数など、利便性を考えると圧倒的に大手消費者金融より不利だからです。

 

 

中でもプロミスは、他所より少し金利が低く、サービスが充実しているので、私なら間違いなく一番に選びます。


 

もし絶対他人にバレるのが嫌って人は、SMBCモビットの「WEB完結申込」を選ぶといいですよ。


 

このページを読むと、「すぐ借りれるカードローンはどれを選べばいいか?」なんて迷いが解消されることでしょう。
迷いがなくなれば、自信を持って、カードローンの申込みができるようになるので、すぐにやりたいことが始められます。

 

 

すぐ借りれるカードローン|安心安全なキャッシングサービスはこちら

すぐ 借り れる カード ローン

すぐ借りれるカードローンだと即日、最短60分でお金を借りることができます。

 

カードローンなら、親や上司に相談したり、友人に頼んだりせずに済みます。
面倒な担保連帯保証人を用意する必要もありません。

 

他社での借入れが無くて、50万円以下の借入れの場合、収入証明書も不要です。
運転免許証があれば、スマホひとつですぐにお金が借りられます。

 

申込みから契約まで、すべてネットで完結
誰とも顔を合わさず、誰とも会話することなく、お金を借りられるから、気持ちが楽ですよね。

 

郵送物も無しにできるので、借金が誰かにバレるのでは?という心配もいりません。

 

すぐ 借り れる カード ローン

 

最短1時間で借入れ可能
担保・保証人不要
収入証明書不要
免許証ひとつでOK
WEB完結
郵送物なし

 

ここで紹介するプロミスとSMBCモビットは、もちろん、これらの条件をすべてクリアしています。

 

【プロミス】―2020年オリコン顧客満足度第1位―

プロミス

プロミスは、充実したサービスが、魅力です。
その証拠に、2020年オリコン顧客満足度(R)調査のノンバンクカードローン部門で第1位を獲得しています。

 

上限金利が他所はどこも18.0%なのに、プロミスだけ17.8%と0.2%低くなっています。
たった0.2%と言われればそうかも知れませんが、これは少しでもユーザーのメリットになるようにと考えている姿勢の現れです。

 

その応援しようとする姿勢が、プロミスのCMやサービスの随所に現れていて、信頼感が持てます。
たとえば、プロミスのカードローンを初めて利用するという人は、30日間利息0円です。※1

 

30日間無利息のサービスをやっているのはプロミスだけではありません。
ただし、他所は、契約した日の翌日から30日間なのに対し、プロミスは、実際に借入れを行った日の翌日から30日間無利息サービスが適用されます。

 

どういうことかと言うと、カードローンの契約をしたけど気が変わり、その時すぐに借入れを行わなかったとします。
他所は、30日間無利息の権利が、お金を借りていなくても、契約日の翌日に自動的にスタートしてしまい、31日後には消滅してしまいます。

 

しかし、プロミスなら、将来、本当にお金が必要になって実際に借入れを行う時まで、30日間無利息の権利を失わずに取っておけるのです。
こんな気の利いたサービスをしてるのはプロミスだけ。

 

どうです?プロミスは、ユーザーのためを考えてくれてると思いませんか?


<プロミスの詳細>

金利 4.5%〜17.8%
限度額 500万円
対象 20歳〜69歳で、安定した収入がある人

※1.メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

 

【SMBCモビット】―絶対他人にバレるのが嫌な場合―

SMBCモビット

SMBCモビットの『WEB完結申込』だと、勤務先への在籍確認の電話がなしにできます。

 

それには条件があって、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの銀行の口座を持っていること。
そして、全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っていることの2つです。
銀行口座と保険証が本人確認の代わりをしてくれるということですね。

 

条件はありますが、在籍確認の電話なしというサービス行っているのは、SMBCモビット以外にはありません。

 

会社に連絡されるのが気になるという方にはありがたいサービスですよね。


<SMBCモビットの詳細>

金利 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
対象 20歳〜69歳で、安定した収入がある人

※原則、即日融資ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

 

審査なしのカードローンはない

 

「審査があるみたいだけど、大丈夫かな?」


と不安なアナタ。

 

 

そもそも「審査なし」とか「激甘審査」なんていうカードローンはこの世に存在しません。


 

まともな会社なら、必ずきちんと審査があります。


 

なので、「100%大丈夫!」とは、口が裂けても言えません。
こればっかりは何とも言えないので、カードローンを申込んで審査結果を待つしか仕方ありません。

 

20歳以上で安定した収入さえあれば、派遣社員やパート・アルバイトでもOKなので、まずは申込みしてみてください。

 

逆に、もし「審査がないカードローン」とか「ブラックでもOK」と言ってるようなところがあれば、いわゆる「ヤミ金」と呼ばれる無登録の違法な会社に違いないので、絶対に関わらないようにしましょう。

 

 

カードローンのメリット

カードローンは、担保不要

普通お金を借りる時は、貸主が取りっぱぐれることの無いよう、土地や建物などを担保に差し出します。
住宅ローンは、家が担保になりますし、自動車ローンは、車が担保になります。

 

もしお金を返せなくなった場合は、担保している家や車は貸主に没収されてしまいます。
貸主は、それを売って、残った借金の穴埋めをします。

 

担保があるから、大きな金額を低い金利で借りることができるのです。

 

 

もし担保があれば、より簡単にお金を借りることができます。
しかし、住んでいる家を担保にすると、もし借金が返せなくなってしまった場合、家を没収されて、住むところがなくなってしまいます。

 

余分な土地や家がある人なんか、なかなかいませんよね。
そんなのがあるなら、それを売ってお金に換えればいいので、そもそもお金を借りる必要もないですよね。

 

それに余程便利な場所に家があるとかじゃないと、家の担保価値はビックリするほど低いものです。
家を担保にしても、そんな大金が借りられるわけではないので、大概の人は割に合わないと感じると思います。

 

その点、カードローンなら、担保を差し出すことなく、簡単にお金を借りることができます。
担保不要なのは、大きなメリットです。

 

担保があると、担保の価値を査定するのに時間がかかります。
カードローンは担保がない分、審査が早く、すぐにお金を借りられるのもメリットです。

 

 

カードローンは、連帯保証人不要

担保と同じように、お金を借りる時に連帯保証人を付けることもあります。
もし借主が借金の返済をできなくなった場合は、連帯保証人が借主に変わって借金を返済しないといけません。

 

なので、貸す方にとっては、連帯保証人がいると、安心してお金を貸すことができます。

 

 

でも、連帯保証人を見つけるのって大変ですよね。

 

もし、自分が人から連帯保証人になってくれないかと頼まれたらどうですか?
余程じゃない限り、断りますよね。

 

その人が飛んじゃったら、自分が借金を背負うことになってしまいます。
そんなの普通に考えたら、嫌ですよね。

 

その点、カードローンなら、連帯保証人を付けることなく、簡単にお金を借りることができるので、ハードルがだいぶ下がりますよね。
これも大きなメリットです。

 

 

人に頭を下げて頼んだり、事情を説明したりする必要がない

今すぐお金が必要な時、まずは誰か身近にお金を貸してくれそうな人がいないか考えたのではないでしょうか?

 

一番は、親ですかね。
親と仲が良くて、普段から何でも話せる間柄だと、お金を借りる相談をしても問題ないでしょう。

 

でも、普段、仲が悪かったり、遠くに住んでるので疎遠になってたりすると、急に連絡したら「オレオレ詐欺」と間違われそうですよね。

 

身内にお金を借りる場合、何んのために必要なのか、何に使うのか、必ず聞かれるでしょう。
もし真っ当な理由があるなら堂々と話せますが、後ろめたい理由の時は、話し辛いですよね。

 

きちんと理由を説明できたとしても、OKしてくれるかわかりません。
場合によっては、信用を失っただけという結果に終わることも。

 

兄弟や親戚、友人に相談した場合も同じです。

 

カードローンで借りれば、人に頭を下げてお願いする必要もないですし、事情を説明する必要もありません。
ネットでドライに手続きするだけなので、心理的負担が減りますよね。

 

 

周りに心配をかけないで済む

もし親にお金の相談なんかしたら、ご両親は心配されませんか?

 

親にお金の余裕があって貸せる場合も、お金に余裕がなくて貸せない場合も、どちらにしても気を遣わせてしまうことでしょう。

 

カードローンで借りれば、お金を借りていることを、誰にも知られずに済むので、親に心配をかけることもありませんよ。
それはある意味とても親孝行なことですよね。

 

 

人間関係に支障を来たす恐れがない

それにもしお金を貸してくれたとしても、その後もし自分がお金を返せなくなってしまった時は、どうなるでしょう?
親戚とかだと以後ずっと気まずい思いをしなければいけないでしょうし、友人だと絶交でしょう。

 

借金が元で人間関係に支障を来たしてしまうかも知れません。
カードローンなら、そんな心配も要りませんよね。

 

 

サービスが行き届いていて、スムーズにシステマチックにお金を借りることができる

カードローンは、個人向けにお金を貸すことに特化したサービスです。
各社、利用者のことを考えて、より便利なサービスを提供することで、鎬(しのぎ)を削っています。

 

なので、カードローンのサービスはよくできていて、スムーズにシステマチックにお金を借りることができます。
スマホでも、パソコンでも、ネットで手続きがすべて完了するので、人と話すのが苦手な人でも気負わず申し込めます。

 

お金を借りることは恥ずかしいことではないですが、あまり嬉しいことでもありません。
人と会話せずに借りれるのはいいですよね。

 

あと、駅やコンビニなど、至る所に提携ATMがあるので、借入れの時も、返済の時も大変便利。
まさに至れり尽くせりなサービスになっています。

 

一度契約をしてしまえば、あとはいつでも好きな時にお金を借りられるので、急な出費で困った時の保険にもなります。

 

<カードローンのメリット>
・カードローンは、担保がいらない。
・担保がない分審査が早い。
・カードローンは、連帯保証人がいらない。
・人に頭を下げて頼んだり、事情を説明したりする必要がない。
・周りに心配をかけないで済む。
・人間関係に支障を来たす恐れがない。
・サービスが行き届いていて、スムーズにシステマチックにお金を借りることができる。
・ネットで手続きがすべて完了。返済も楽。

 

カードローンのデメリット

借入限度額が少ない

カードローンのメリットとして、担保や連帯保証人が要らないという点を上げました。
担保や保証人がない分、貸す側としては貸したお金の回収ができないかもしれないというリスクが高まります。

 

なので、カードローンの借入限度額は、500万円だったり、800万円だったりと、担保のある住宅ローンなどに比べると少なめです。

 

消費者金融や信販会社などノンバンクの場合は、貸金業法で定められた、年収の3分の1以上の貸し付をしてはいけない総量規制という決まりがあるので、実際の借入限度額はもっと少なくなります。
銀行カードローンの場合、総量規制は適用されませんが、しっかりした理由がない限り、消費者金融などと同様に、それに準じた対応がなされています。

 

 

金利が高め

前項同様、カードローンのメリットである、担保や保証人がない分、貸す側にはリスクが高まります。

 

そのリスク分が、お金を借りる時の金利に跳ね返ってきます。

 

 

1万円貸す時も、100万円貸す時も、手続きに掛かる作業量はそう変わりません。
どちらの場合も審査の手間は同じです。

 

1万円で金利20%だと2,000円にしかなりませんが、100万円の20%だと20万円です。
同じ作業で、手間賃が、2,000円と20万円だと、2,000円の方は割に合いません。

 

100万円貸す場合は、金利5%でも5万円になるので、貸す側としては金利が低くても金額が大きい方が得です。
このようなことから、金利は、金額が大きくなるほど下がる傾向にあります。

 

カードローンの場合は、前項で述べたように、借入額が少ないので、金利がそれほど下がりません。
金額の大きい住宅ローンなどに比べると、どうしても金利は高めになってしまいます。

 

 

担保や連帯保証人がなくてリスクが高いことと、借入金額が小さいこと、双方の理由で金利が高くなってしまうのが、カードローンのデメリットです。

 

 

カードローンが便利すぎて、借り過ぎに注意!!

カードローンが使いやすいのはメリットである反面、簡単にお金が借りれるために、安易にお金を借りてしまうという点がデメリットとしてあります。

 

当たり前ですが、借りたお金は返さないといけません。
借入れが増えると、その分返済が苦しくなります。

 

カードローンのご利用は計画的に。
必要な時に、必要な分だけ借りるようにしましょう。

 

<カードローンのデメリット>
・カードローンは比較的借入限度額が少ない。
・カードローンの金利は高め。
・カードローンの借り過ぎに注意

 

金利が高いといっても、短期間で少額借りる場合、利子はそれほどの金額にはなりません。
それよりも、面倒くさい人間関係に煩わされることを避けられることを考えたら、多少金利が高くついても大したことはないと思います。

 

 

簡単に借りれるからといって、借り過ぎには気を付けましょう。


 

 

カードローンを利用するのは珍しいことじゃない

実際、24.02%の人がカードローン利用経験者だという調査結果が出ています。
(銀行カードローン、消費者金融、クレジットカードのキャッシング、ヤミ金のいずれかの経験者 「銀行カードローンに関する消費者意識調査 2019年3月1日結果報告」 一般社団法人 全国銀行協会)

 

約4人に1人がカードローン経験者だということです。
知らないだけで、あなたの周りにもたくさんカードローン利用者がいるのかも知れません。

 

カードローンでお金を借りるのは、ごくごく一般的に行われているということですね。

 

 

だから、あなたもカードローンでお金を借りることを恐がったり、恥ずかしいと思ったりする必要はありません。


 

心配しなくても、恐いことはないですし、そもそもあなたが自分から言わない限り、お金を借りていることを他人に知られることはないので、ご安心ください。


 

すぐ借りれるカードローン|安心安全なキャッシングサービスはこちら

 


page top